2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« ガイド鏡筒検証 GT-40 VS FC-50 | トップページ | ガイド鏡筒検証其の弐 GT-40 VS FC-50 »

2013年1月30日 (水)

FSQ用645レデューサーの実力チェック/其の壱

Img_0057

 FSQ-106ED用の645レデューサー、QE0.72×のピントだしやフラットフレームチェックなどをしていました。このレデューサー、超高性能というキャッチフレーズで広告されていますが、ネットでチェックしてもなかなかレポートはない「謎のレデューサー」でもあるような気がします。というわけで、これから私の分かる範囲で、できるだけ細かくレポできたらと思います。
 まずはこのようすはフラットフレーム撮像です。筒先に自作EL板を取り付け、照射します。この拡散光を撮影し、フラットフレームを取得するわけです。周辺減光の様子が分かるはずです。ちなみにカメラはAPSサイズのEOSKissX2です。本当は35mmフルサイズのカメラがあればいいのですが、今は手元にありません。もちろん注文しているFLI ML16000も納品まではまだまだ日にちがありそうなので、まずはAPSでやむなくチェックすることにしました。

Flat

 

 取得したフラットフレームです。先にもふれたとおり、サイズはAPSです。まずはJPEG画像をモノクロ化して、そのまま処理しない状態で光量をチェックしてみました。中心部、中間部、最周辺部をそれぞれ中心から四隅まで見ました。結論として中心部光量100とすれば、中間部は約98%、最周辺部は約95%という結果になりました。下の部分の光量がわずかに低いですが、これはデジカメのミラーケラレによるものだと思われます。
 実験の結果、思ったよりも光量があるなというのが感想でした。メーカーによると「35mmフルサイズの最周辺部でも90%の光量がある」とうたわれています。早くFLIがきたらフラットを調べてみたいものです。

Flat2

 

 先ほどのフラットフレームに強力なレベル補正をかけて、コントラストを猛烈に高めてみました。下の部分がデジカメのミラーケラレであることが一目瞭然です。これを無視したときに周辺部に淡い減光があるのが分かります。結構減光しているようにも見えますが、これはレベル補正のレンジをかなり詰めているためかと思います。実際に画像処理していないフラットを見ると、減光しているのかどうかまったく分かりませんでした。
 以前の35mm判用レデューサーですと、もう少し減光が強かったように思います。レンズ径の大きさがかなり違いますから、やはり新型645レデューサーは光量がアップしているようです。

Fe9663861

 純粋比較にはなるかどうか分かりませんが、以前のレデューサー、QE0.73×のフラットフレームです。これはSTL11000Mで撮ったものなので、35mmフルサイズになります。ちょうど四角で囲んでいるところがAPSサイズに換算したエリアです。やはり光量がちがいますね。周辺減光が強く出てしまいます。それ以上にこのレデューサー、LRGB合成をしたときに色収差があったために色ずれがありました。新型レデューサーは色ずれがないものかどうか、こちらは後ほど実際の星像で実験してみたいと思います。

Img_0056

 今日も天気はあまりよくないようで、星がほとんど見えていません。星像チェックはできませんが、ちょうど家の向かいにある向山駅のイルミネーションが見えますので、それで像を確かめてみることにしました。

Img_0009

 APSサイズですと、周辺部は何の問題もなくシャープに撮影できているようですね。このイルミネーションの光源はちょっと大きめなので、星のように完全な点像にはなりません。ですから厳密な星像検査にはちょっと不適だったかもしれませんね。今度晴れた夜には、ぜひとも実際の星で検査してみようと思います。

« ガイド鏡筒検証 GT-40 VS FC-50 | トップページ | ガイド鏡筒検証其の弐 GT-40 VS FC-50 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

このレデューサーは従来のノーマルRDと比較して、大分改善されているみたいですね。
中心と四隅のピントの平坦性や色ずれの改善など、フルサイズのモノクロ冷却CCDに試される
試練は多いとは思いますが、当然ながらノーマルRDとは一線を画すプリントが得られることでしょう。
非常に楽しみな組み合わせです。

よっちゃんさんこんにちは。コメントありがとうございます。

このレデューサー、購入前はメーカーHPの広告くらいしか情報がなくて、あまりネット上に使用感レポなどがなかったので、購入の際はちょっと迷いがありました。金額も金額ですし、買うには少し勇気がいりました。

しかしこうして簡易的にではありますが試してみると、周辺減光の少なさは確かめることができたかなと思います。イルミネーションでの試写だと正確なピント検証にはならないので、まずは実際に星で試したいところです。でもこちらの地方、あまりすっきりと晴れてくれないので試写タイミングがあまりないのです。

しばらくは手持ちデジカメで試してみたいと思います。FLIが納品になるのが本当に待ち遠しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785647/49062847

この記事へのトラックバック一覧です: FSQ用645レデューサーの実力チェック/其の壱:

« ガイド鏡筒検証 GT-40 VS FC-50 | トップページ | ガイド鏡筒検証其の弐 GT-40 VS FC-50 »