2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2013.1/19 月齢7.7 | トップページ | どうせ雪国なら思い切り雪で遊ぼう »

2013年1月25日 (金)

SBIG ST-iオートガイダー到着

Sti01


 タカハシFSQ-106EDをメーンとした撮影システムの再構築をしています。その第一弾、まずはオートガイダーが到着しました。今回導入したのは、SBIGのST-iです。ご覧のとおり、ものすごく小さいのです。手のひらにらくらく乗りますし、すごく軽いです。

Sti02


 手元にあったビクセンのLV20mmアイピースと比べてみます。アイピースのほうが小さいですが、ST-iの重さはアイピースの半分くらいです。本当に軽いですよ。

Sti03

 CCDカメラを正面から見てみます。中央に黒い四角がありますね。これがシャッターが閉じている状態です。この奥にCCDのチップがあります。ST-iのCCDは冷却タイプではありませんが、オートガイダーなので少々のノイズはあっても、しっかりガイドさえしてくれれば心配はないと思います。

Sti04


 これは背面のようすです。接続用のジャックが2つ見えています。上には赤道儀と接続するコードをつなぎます。下はパソコンとの接続です。USB接続なので、電力もPCから取ることができます。わざわざ別に電源を使わなくていいのは、とても助かります。

Sti05


 小さなCCDですが、そのわりに立派なケースがついてきたのがうれしかったです。黒いコードはPC接続用、グレーのコードは赤道儀接続用です。

Sti06


 FSQ-106EDの上にダミーのガイド鏡としてFC-50を乗せています。これにST-iを取り付けてみます。本当に小さいです。まるでアイピースのようです。軽いから接眼部に負担がほとんどかかりません。ここではFC-50を使っていますが、新しいシステムとしてタカハシのGT-40を注文しています。このガイド鏡はさらに小さいので、どれくらいコンパクトになるか楽しみです。明日到着予定です。

Sti07

 どのような画像になるか、どのくらいの感度があるかを即席でチェックしてみることにしました。FC-50をカメラ三脚に乗せて、夜の外の景色で確かめてみます。

Sti08


 PC画面に映っているのは、近所の屋根に積もっている雪です。けっこう暗い景色ですが、十分に雪と屋根を写しだしているのがわかります。感度は十分にありそうです。制御ソフトはこれまで何度も使っているCCDOpsですから、英語版であっても特に問題はありません。本番投入が楽しみになってきました。

 これまでの機材をヤフオクなどで売却し、あらたなシステム構築を進めている途中。すでにほとんどの機材を注文したので、これから順次そろっていく予定です。

■ベース機材   タカハシFSQ-106ED、タカハシEM-200(AGS-1S)

■変更機材

  1)メーンCCD  SBIG STL-11000M → FLI ML16000

  2)ガイドCCD  SBIG STL-11000Mセルフガイド → SBIG ST-i

  3)ガイド鏡   セルフガイド(FSQ-106ED) → タカハシGT-40

  4)レデューサー タカハシQE0.73 → タカハシ645レデューサーQE0.72

  5)カメラ接続  EOS用STLアダプタ → ダイイチ製スケアリング調整アダプタ

  6)フィルターホイール  STL内蔵 → FLI CFW1-5(ケラレ防止改造)

  7)フィルター  Baadar LRGB → Astrodon LRGBフィルター(インターライン用)

 これまでとずいぶん大きくシステム変更をしました。FLIのカメラの納期が1ヶ月程度かかるようですから、システムが完成するのはまだもう少し先ですね。それまでに撮影チャンスがあれば、デジカメをつけたりして撮影テストをしてみようかと思っています。

« 2013.1/19 月齢7.7 | トップページ | どうせ雪国なら思い切り雪で遊ぼう »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

松林さん、こんばんは。
いつもブログへの訪問と書込みを頂きありがとうございます。
新たにブログを立ち上げたのですね、今後の機材・写真の充実がとても楽しみです。
色々と参考にさせて頂きたく思いますので、今後も情報交換の程宜しくお願い致します。

よっちゃんさんこんばんは。コメントをいただきどうもありがとうございます。

 いつもよっちゃんさんのブログ「星の牧場」は、1の時代も含めて何度も何度も読み返しています。緻密な分析、懇切丁寧な説明、惜しげもなく技術を公開されていること、本当に勉強になることばかりですし、頭の下がる思いです。これからも何度も拝見させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 現在、旧機材は全てヤフオクで売却し、新たな機材を順次導入しているところです。現在、FLI関連のもの以外は納品しました。FLIはまだ一ヶ月ほどかかるそうですから、それまでにしっかりと予習しておきたいと思います。分からないことばかりですので、ぜひこれからもご教示くだされば幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785647/48958053

この記事へのトラックバック一覧です: SBIG ST-iオートガイダー到着:

« 2013.1/19 月齢7.7 | トップページ | どうせ雪国なら思い切り雪で遊ぼう »