2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 645レデューサーQE0.72× 実戦形式で星像検査 | トップページ | 真冬の奥入瀬渓流と十和田湖 »

2013年2月 4日 (月)

久々にMacも使うことになりました

 ここ10年くらいはずっとWindowsばかり使っていました。でもこのほど、久々にMacも我が家にやってくることになりました。
 私が始めてマイパソコンを手に入れたのは1995年、大学入学のお祝いでした。このとき最初に買ったのが、実はMacでした。Macintosh Perfoma575だったと思います。一体型のやつで、いかにもMacらしいデザインのやつでしたね。このパソコンでずいぶんと遊び、学ばせてもらったものです。その後68KからPowerPCに時代は移っていきますが、575の後は4400、iMac、iBookを使ったのが2000年代初冬まで。その後はWindows一辺倒の生活をしてきました。

Dscf0004

 ちょうど長男が生まれた2001年、妻と長男のバックに写っているのがiMac。懐かしい画像です。このころの丸いやつも、出たばかりの頃はずいぶんと斬新なデザインだと思ったものです。今は残念ながら手元にはなく、5年くらい使って手放してしまったものです。


 今回Mac導入をしたのは「Photoshopをもう少しつっこんでやってみたい」「色合いの忠実なモニタにしたい」「AirMacを使って家の中で無線ネットワークを組みたい」という3つの理由からでした。可能な限り予算を抑えたかったので、今回はiMac2台を中古で手に入れました。Airmacは新品のextremeを注文しました。

215inchmb950ja
 画像処理メーンにと思って購入することにしたのはこちら。iMac MB950J/Aです。2010年モデルですが、今でも十分に使えるスペックだと考えて購入を決めました。

・OS Mac OS X Snow Leopard
・CPU 3.06GHz Intel Core 2 Duo
・メモリ 8GB
・ディスプレイ 21.5inch 1920×1080pixel
・HD 1TB

 こちらはPhotoshop CS6をインストールして、天体写真の最終仕上げ用につかいたいと思います。それにしてもMacって、やっぱりデザインがとてもいいですね。以前はまん丸でかわいらしかったiMacですが、最近のやつはずいぶんと洗練されたスリムなデザインですね。


20inchma590ja

 サブ機はこちらです。iMac MA590J/Aです。2006年モデルですが、ネットやちょっとした写真整理とかプリント、事務仕事をするには十分なものだと思い、超格安でゲットしました。これは妻が子どもの写真をプリントしたり、ネットでいろいろな買い物をしたり調べものをしたりするためのものに使う予定です。
 こちらのiMacもデザインはとても特徴的で美しいものです。なんとなく女性向きなデザインですから、妻にはちょうどいいかもしれません。

・OS Mac OS 10.6
・CPU 2.0GHz Intel Core 2 Duo
・メモリ 2GB
・ディスプレイ 17inch
・HD 250GB


 いずれの2台も、AirMacを使ってワイヤレスでネットを楽しむ環境にするつもりです。そうなると必要なのがこちらです。

Airmac_extreme


 もう少し小さなExpressでも大丈夫かなと思ったのですが、もう少し電波が強くて安心できるものがいいかなと思って、Extremeにすることにしました。値段も1万5千円弱でしたから、こちらは新品でゲットしました。プリンターやHDも共有できたりするらしいですから、今までとはまた違った楽しみ方ができそうです。

 PCは今週中に全てがそろう予定です。ちょっと心配しているのは「AirMacの設定が上手くいくかな」ということ。アップルのHPやいろいろなサイトを見ていると、接続設定は比較的簡単だという書き方をしているので、きっとうまくつながるとは思うんですけれどね。

Photoshop

 今回のMac化にあわせて、Photoshopも新しくCS6を購入しました。これまで使っていたのはWindows版のCS4でした。こちらはウィンドウのバックがグレー調になっているようですから、バックグラウンドの暗い天体写真の画像処理には使いやすいように感じていました。
 AdobeのHPの紹介文です。
Adobe® Photoshop® CS6は、一段とパワフルになった画像編集機能、新しいクリエイティブオプション、Adobe Mercury Graphics Engineによる驚異的な処理速度を備えています。新機能のContent-Awareを使用してレタッチを行い、新たに設計変更されたツールとワークフローを使って優れたデザインとムービーを作成できます。*
Photoshop CS6にアップグレードして、レベルアップした処理速度、機能性、生産性を手に入れてください。洗練された新しいインターフェイスには、コンテンツに応じたパッチ、新しいぼかしギャラリー、速度と精度が増した切り抜きツール、直感的なビデオ制作ツールなど、革新的なデザインツールが充実しています。Adobe Creative Cloud™メンバーになると、新たにぼかしギャラリーとゆがみツールに対応するスマートオブジェクト、テキストとシェイプのスタイルをCSSとして書き出しといったCreative Cloud*限定機能を含め、数々の新機能も入手できます。


 こちらのソフトの使用感も楽しみです。これまで以上にしっかり使いこなせるようにしたいと思います。


Pixus
 プリンタも今まで使っていたPIXUS IP8600が一月ほど前に不調になって動かなくなってしまいましたから、これを機に新調しました。これまでは染料系のものしかつかったことがなかったのですが、黒のしまり、プリント質感の保持、落ち着いた色合いなどを狙って、顔料系のものにしようと思っていました。資金があればPIXUS PRO-1などがよいなとは思っていましたが、さすがに10万円もするプリンタですから厳しいです。というわけで、新品状態のPIXUS PRO 9500 Mark2を購入しました。初めてA3サイズのプリンタを手に入れることになります。
 

 カラー管理をしっかりしたMacで色合いをしっかり定めて、PhotoshopCS6で最終的な処理仕上げをして、顔料系プリンタでしっかりバックグラウンドのしまりがある天体写真を出力する・・・自分でしっかり満足でき、納得できる作品が作れたら最高ですね。それまでにしっかり勉強しておかなければと思います。



« 645レデューサーQE0.72× 実戦形式で星像検査 | トップページ | 真冬の奥入瀬渓流と十和田湖 »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785647/49180318

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にMacも使うことになりました:

« 645レデューサーQE0.72× 実戦形式で星像検査 | トップページ | 真冬の奥入瀬渓流と十和田湖 »