2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« FLI PL16000でオフアキシス化 | トップページ | FLI PL16000ダークフレーム »

2013年9月 1日 (日)

K-Astec改造 タカハシEM-10 AGS-1X

Imag0057

 K-Astecさんで自動導入改造をしていただいたタカハシEM-10赤道儀です。AGS-1Xという改造で、標準150倍速での導入ができます。もともとTemmaPC.Jrだったころは50倍速でしたから、およそ3倍の速度ということになります。この速度は調整可能で、理論上は250倍速程度まで上げられる可能性があります。おそらく駆動系のバランスなどを考え、標準は150倍速としているのではないかと思います。
 ご覧のとおり、黒いパネルがけっこうかっこよいです。この基盤にコントローラージャック、オートガイドケーブル、USBケーブルなどがスマートに取り付けられます。
 メーンはEM-200 AGS-1Sですが、これは重いのでFSQ-106EDなどヘビー級の機材を乗せて使います。EM-10 AGS-1Xはサブ機として、カメラレンズとPL16000の組み合わせ、デジカメでの撮影などに使いたいと考えています。


Imag0056

 自動導入ソフトはSuperstar4です。このソフトは大変使いやすく、視覚的にも見やすいソフトです。操作が直感的なので、最初に見たときから「あ、これはこうっやって使うんだ」と分かりました。このソフトは5年以上前から愛用しています。
 駆動音はなかなか静かです。それほど導入速度は速いわけではありませんが、それよりも取り扱いのしやすさ、オートガイドの相性などがよいことが大きなメリットだなと思っています。
 動画でも導入のようすをアップしたのでご覧ください。

« FLI PL16000でオフアキシス化 | トップページ | FLI PL16000ダークフレーム »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

当方も現在EM10のk-astecでの改造を依頼中で、納品を楽しみに待っております者です。
EM10をご使用との事でご質問させて頂きます。
EM10をk-astecで改造しても、2015年までの極軸スケールの対応で、今後どの様に極軸合わせを行おうか模索中です。
何か良い方法があればお教え頂ければ幸いです。

池田さんコメントいただきありがとうございます。池田さんも同じ改造をお願いしているのですね。到着が楽しみなことでしょう。大変使いやすく快適です。

ご指摘いただきましたEM-10極軸望遠鏡の件、実は私もちょっと悩んでいます。極軸支援ソフトを使えば、おそらく2020年くらいまでは目分量で調整はできると思います。ただ何となく心配な感じがします。

可能な限り安価な解決法がないか、私も調べてみたいと思います。池田さんもこの件について最善の方法を見つけられましたときは、ぜひご教示くださればうれしく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

松林 さま

やはりEM10の極軸望遠鏡の件は共通の懸念材料なんですね。
当方もスマートフォンの無料ソフト PolarisScope で2020年頃までは目測で可能かと思っております。
スターベース東京でしつこくタカハシさんに極軸対応の件をお願いしてくれと言っておりますが(笑い)
当方でも何か情報が入りましたらご連絡致します。

最近天候が不順で、星を見れないストレスが溜っております・・
青森県は如何でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785647/53108254

この記事へのトラックバック一覧です: K-Astec改造 タカハシEM-10 AGS-1X:

« FLI PL16000でオフアキシス化 | トップページ | FLI PL16000ダークフレーム »