2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 天体写真のプロフェッショナル、よっちゃんさんとの天文談義 | トップページ | Canon Pixus PRO-10開封の儀 »

2014年1月23日 (木)

コーワプロミナー500mmF5.6FL開封の儀




 コーワプロミナー500mmF5.6FLが本日手元に届きましたので、段ボール箱から開封しました。箱の大きさ、そして前から想像していたよりもずっとずっとコンパクトなレンズで、正直驚きでした。
 よっちゃんさんの星の牧場2でも、このレンズによる素晴らしい作例が紹介されています。ぜひ私もこのような作品をものにしたいと考え、ついに手に入れることになりました。





Image

 箱から取り出し、フードとF4アタッチメントを取り付けたようすです。レンズだけだと本当にコンパクトです。感覚的に以前持っていたCanonEF70-200mmF2.8Lなどとそれほど変わらないような感じがします。フードはレンズに見合わないくらい大きなもので、取り付けるとけっこう存在感があります。




Image1

 おそらく野鳥撮影などに使うスポッティングスコープから派生したレンズだと思います。鏡体本体だけでは撮影ができず、3種類のマウントアダプターを取り付けることで撮影が可能になります。標準アダプターはTX10で500mmF5.6仕様、レデューサーの役割を果たすTX07は350mmF4.0仕様、そしてエクステンダーの役割を果たすTX17は850mmF9.6になります。私はTX07を採用しました。
 メーカーサイト、ユーザーレポートなどをいろいろ見ると、非常にシャープでフラットなレンズだと紹介されています。実践投入に期待が高まります。




Image2

 対物レンズは約90mm。これで焦点距離500mmですから、似たような望遠鏡としてタカハシSKY-90が上げられます。そうした望遠鏡と比べても、異常なほどコンパクトなのがうれしいです。



Image5

 コンパクトですが、手に持った感じはずっしりときます。鏡体の材質が金属なので、非常に密度を感じます。プラスチックを多用したチープ感はまったくありません。これは期待できそうです。




Image3
 

 もともと焦点距離は500mm、F値5.6ですが、私はこのレンズをFSQ-106ED+645Redの写野とできるだけマッチングさせるため、専用レデューサーレンズを取り付けて撮影することにしています。このパーツはマウントアダプターTX07というものです。これを取り付けると、焦点距離は350mm、F値は4.0まで短縮されます。さらにハイスピード撮影が可能になるわけです。おそらくフルサイズデジカメだと若干の周辺減光は見られるでしょう。いかにフラットフレームをしっかり撮像して補正するかが大きな鍵になると思われます。




Image4

 FSQ-106EDとKOWA PROMINAR500mmを並べて比較します。両者の焦点距離は非常に近いのですが、想像以上に大きさの違いが分かると思います。大きさはもちろん、手に持った重さも全然違います。FSQは鏡筒だけで約7kg、バンドやプレート、CCDカメラやオフアキなどを付けると、12kgほどになります。かたやKOWAはレンズ本体2kg程度です。デジカメやバンド類を取り付けたとしても、おそらく4kgに収まるのではないでしょうか。
 赤道儀の上にまずはFSQを乗せ、PL16000を取り付けてL画像撮影に特化させます。その背中に親子亀方式で、KOWAとデジカメを乗せて、RGB撮影を受け持ちさせます。重量は16kg程度と、EM200赤道儀の積載重量ぎりぎりですが、オフアキという新たなシステムに期待し、今年はこのスタイルで撮影に臨みたいと思います。

 今年のテーマとしている撮影システムが、少しずつ形に見え始めています。 






« 天体写真のプロフェッショナル、よっちゃんさんとの天文談義 | トップページ | Canon Pixus PRO-10開封の儀 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1785647/54717286

この記事へのトラックバック一覧です: コーワプロミナー500mmF5.6FL開封の儀:

« 天体写真のプロフェッショナル、よっちゃんさんとの天文談義 | トップページ | Canon Pixus PRO-10開封の儀 »